亀岡・湯の花・丹波の風景イメージ タイトルロゴ

亀岡・湯の花・丹波付近でリーズナブルな宿泊料金で泊まれるホテル・旅館を探して予約するには?

と、言っても安ければいいというものでもない。ホテル・旅館の施設が汚くては興ざめだし、従業員の方のサービスや食事がおいしくなければガッカリしてしまう。
安い宿泊料金、しかも料理がおいしい、部屋がきれい、従業員の感じがいい、そんなホテル、旅館を探したい。
では、どうしたらそれらを調べられるのか?いちばん良いのはクチコミでの評判でしょう。
下のリンクをクリックすると亀岡・湯の花・丹波のホテル、旅館、民宿などの一覧が表示されます。その中から気になる宿泊先をクリックするとクチコミを読めるページがありますので、そこでの評価を参考にするのをお薦めします。また、そのページから予約をすることもできます。

亀岡・湯の花・丹波 ホテル、旅館などの宿泊施設一覧

亀岡・湯の花・丹波のことをいろいろ検索してみよう。( 亀岡・湯の花・丹波 名物、亀岡・湯の花・丹波 おみやげ、亀岡・湯の花・丹波 グルメなどで)

スポンサードリンク

亀岡・湯の花・丹波の観光情報 参考サイト

亀岡市観光協会
丹波市観光協会ホームページ
京都府観光情報

ホテルの室内

亀岡・湯の花・丹波付近のホテル・旅館リストの一部。詳しくは上の宿泊施設一覧のリンクから
京都府> 亀岡・丹波・湯の花
るり渓温泉 こぶし荘 花あかり
宿のタイプ:旅館
船井郡園部町大河内広谷1-8
るり渓温泉併設 和の風情が漂う宿 4種類の貸切風呂が魅力!
るり渓温泉内に立ち、洗練された和空間で景勝を望む部屋や4種類の贅沢な貸切風呂が楽しめる。又、宿泊者はるり渓温泉の多彩な入浴施設も無料で利用可能!

京都府> 亀岡・丹波・湯の花
おもてなしの宿渓山閣
宿のタイプ:ホテル
亀岡市稗田野町佐伯下峠20-6
いつでも最高のおもてなしで素敵な旅のお手伝い。露天風呂で寛ぐ。
 京都の奥座敷、トロッコ列車と保津川下りの旅が楽しめる宿。鬼の涙の温泉で日頃の疲れを癒した後は、料理長自慢の季節料理を堪能。おもてなしの心あふれる笑顔で、スタッフが迎えてくれる。

京都府> 亀岡・丹波・湯の花
すみや亀峰菴
宿のタイプ:旅館
亀岡市湯の花温泉
露天風呂と旬の料理が自慢。貸切露天「山の隠れ湯」も誕生。
丹波の自然を想わせる佇まい、ゆっくりと安らげる空間。山桜、新緑、紅葉、季節の移ろいを身近に感じて浸る露天風呂は女性は樹齢千年の桜の木を湯舟に、男性は桜の木を枕にジェットバスで癒しの一刻を。

京都府> 亀岡・丹波・湯の花
ホテル天山荘
宿のタイプ:旅館
亀岡市稗田野町柿花宮の奥1

天下の名勝、保津川下り、トロッコ列車、西国礼所参りに最適のお宿。

京都府> 亀岡・丹波・湯の花
楽々荘
宿のタイプ:旅館
亀岡市北町44番地
トロッコ列車として有名な旧山陰線生みの親、田中源太郎翁の邸宅
650坪の庭園は植治で有名な小川治兵衛七代目の作になり、亀山城から移したと云われている豊臣伝来の石燈籠や鉄の井筒が昔を今に伝えています。亀岡の中心で縁深い庭園や美術品につつまれ、ゆったりとした時間をお過ごしください。

京都府> 亀岡・丹波・湯の花
亀岡ハイツ
宿のタイプ:旅館
亀岡市本梅町平松泥ヶ淵1-1
古都京都の隣町、丹波の山間にある緑と温泉の歓びあふれる宿
丹波の山々と緑に囲まれ広大な敷地とオゾンたっぷりの空気の中、グランド・テニスコート・会議室等完備された宿。昔の武将が刀傷を治したといわれる湯の花温泉で寛いだあとは、四季折々の京風料理に舌鼓。

京都府> 亀岡・丹波・湯の花
松園荘保津川亭
宿のタイプ:旅館
亀岡市稗田野町芦ノ山流田1-4
小鳥の囀り自然の香に包れて、ハーブ風呂も露天風呂も心の静養。
 京の奥座敷湯の花温泉。日常の喧騒を忘れられるロケーションとおもてなし。濃度の高いラジウム温泉、露天風呂や大浴場でゆったり。露天風呂付客室などもあり料理は仕入れにこだわる本物の味が頂ける。

京都府> 亀岡・丹波・湯の花
心と身体の癒しの森 るり渓温泉
宿のタイプ:旅館
船井郡園部町大河内広谷1-14
2002年春オープンした温泉施設「心と身体の癒し」がテーマ
国の名勝「るり渓」に立ち、2つの源泉を利用温泉施設。特に「バーデーゾーン」ではジャグジー、4種のサウナ、温水プールなどがあり、家族や仲間が男女別なく一緒に入浴できるのが魅力。

ほてるのよやく.com